Also Energy

資産の集約で複雑なデータ管理を切り抜ける

2019 年に入り、世界の再生可能エネルギー市場は成長の兆しが見えています。太陽光、風力、エネルギー貯蓄容量の展開は対前年比で増加が見込まれています。この継続的な成長により企業は大規模なプロジェクト ポートフォリオを効率的に運営するよう求められます。言うは易く行うは難しです。プロジェクト ポートフォリオを拡張することは別の企業に何らかの形で影響を与えます。ある企業は新たな地域に進出し、新たなビジネス パートナーと手を組み、新たなコンプライアンス手続きをします。別の企業は自分たちのポートフォリオに新しいタイプの設備を導入するか、設備を調達して新たな業者の保証を管理します。

増え続け多様化するポートフォリオを管理するため、業界の専門家は増え続ける多様な専門のソフトウェアに頼るようになりました。各プログラムが市場独自の分野に合わせて、または分散型エネルギー バリューチェーンで特定の役割を担うように作られています。アセット・マネージャーがあるツールセットを使用することになる一方で、保守技術者は別のものを使用することになり、組織全体をサポートするのに十分な大きさを持つものがないため、国際市場を相手にする企業はいくつものデータ取得プラットフォームを使用しなければならなくなっていました。

このように複雑になることで効率は低下します。企業はあるソフトウェア プラットフォームから次のものへとデータ収集に貴重な時間を費やし、フリート レベルのデータをプロジェクトやデバイスのメトリックに整合したりしなかったりする方法で管理し、個々の結果をばらばらに検証します。何種類ものソフトウェア プラットフォームを入手する必要があると、そこに付加価値は生まれず、コストがかかるだけです。それぞれのプログラムの使用方法を従業員に教育する必要も発生します。市場が成長することでソフトウェア プロバイダー間の統合も進み、グローバルなサポート組織の支援を受け、ひとつのプラットフォームで包括的なソリューションを実現する機会も生まれます。

AlsoEnergy のアプローチが、業界にいつの間にか入り込んでいた複雑さすべてを取り除きます。当社の持つクラス最高のツールと業界の知識を組み合わせることで、運用と資産管理のさまざまな面でプロセスの改善が見られるようになります。作業負荷については、データを幅広いソースから収集して整理する必要がなくなることで低減します。時間は、ワークフローの合理化、プロセスの自動化、記録管理と説明責任の改善により節約されます。Fiix、Salesforce、Maximo など、設備保全管理システム(CMMS)チケッティングのためのサードパーティ ソフトウェアを使用するクライアントは、完全なフリート データのために直接統合することによるメリットを得ることもできます。
AlsoEnergy の統合型ポートフォリオは各システムにとって最も現実的で費用効果の高いソリューションを実現します。これには現地で新しいハードウェアを設置する必要をなくすリモート ソフトウェア統合も含まれます。当社のアグリゲーション サービスは専門家による専属チームが管理しており、ユーザー権限やチェーン全体でのデータ セキュリティを含む機密性の高いプロジェクトの側面に注意を払いながらプロジェクトのリスクを軽減します。パワートラックにデータを転送する自動化ツールもプロセスの促進に貢献しています。

再生可能エネルギー市場が成長する中で、収益性を最初に最大化できた企業が最優位に立ち、その先何年もポートフォリオ拡大を継続するでしょう。

詳細を表示